SAPを中心にERP・CRM・Cyber Security・IoT・AI・Mobility・BigData分野の案件に強い求人・業務委託紹介サービス

JOBROUTEprovide by K2 Partnering Solutions.
  • ERP・CRMをはじめとしたIT分野でグローバルに活躍したいビジネスパーソンのためのジョブサーチエンジン ERP・CRMをはじめとしたIT分野でグローバルに活躍したいビジネスパーソンのためのジョブサーチエンジン

Topicsトピックス

2020.05.01

SAPの資格取得がオススメの理由

SAP認定コンサルタント制度はERP市場最大手のSAP社が必要な知識を所有する技術者を公式に認定する資格です。SAP認定コンサルタント資格は資格に対応する製品に関する必要な知識を保有していることが証明できます。

SAPが提供するERPは2027年にサポート終了が予定されているため、クラウドサービスであるSAP S/4 HANAに移行する企業が数多く出てきています。

しかし、S/4 HANAへの以降は大規模なアーキテクチャの変更を伴い、S/4 HANAに精通した人材やSAP認定コンサルタントが足りていない現状は深刻な問題となっています。

SAP認定コンサルタント資格の特徴

SAP認定コンサルタント資格の特徴は、資格に対応している製品が存在している限り資格が有効です。ただし、ソフトウェアのアップデートにより資格をアップデートしなければいけません。

資格は世界共通資格で、2020年3月時点では141種類の資格が存在しています。日本語受験が可能な資格は50種類を超えており、一度資格を取得すると世界各地で活躍できます。

資格取得に関する書籍などが出回っている訳ではないので、資格取得を目指す場合にはトレーニングプログラムを受講するのが一般的です。

3分野のSAP認定コンサルタント資格

SAPの認定資格は大きく3つのジャンルに分かれています。

・アプリケーションコンサルタント(SAP Certified Application Associate)

主に業務系のシステムを対象とした資格です。アプリケーションコンサルタント試験には「販売管理」「購買・在庫管理」「財務会計」「人事」「会計管理」「調達計画」など業務プロセス効率化に関する製品・サービスの導入や管理に関する知識を有していると認められます。

・デベロップメントコンサルタント(SAP Certified Development Associate)

主にプログラマーを対象とした資格です。この資格を取得すると資格に対応したアプリケーションを開発が可能であると証明することができます。

・テクノロジーコンサルタント(SAP Certified Technology Associate)

主にインフラエンジニアを対象とした資格です。この資格を取得するとERPパッケージシステムをスムーズに導入することが可能です。

各分野毎に何種類かの認定資格が設けられていますが、上記の分類の他にもSAPを扱うプロジェクトマネジメントのスキルを測るSAP Certified AssociateやSAPのERPやCRMを利用したインテグレーションの理解を問うSAP Certified Integration Associateなどの資格が存在します。

詳細はSAP公式サイトの「認定資格一覧」よりご確認いただくことが可能です。

終わりに

SAP認定コンサルタントは資格に対応した製品・サービスに関する知識を持っていると証明することができます。将来的にも需要が見込まれるSAP認定コンサルタント資格を取得することで、活躍の場が広がることは間違いありません。

SAPコンサルタントを目指してSAP認定コンサルタント資格を受講する場合には、SAP社の正式オフィシャルトレーニングパートナーでもあるK2 パートナーリングソリューションズが提供する「K2 University」を活用することで、資格取得の可能性を高めることができるでしょう。

コンサルタントの方々へのキャリアアドバイスと必要なテクニカルスキルのご提案・トレーニングを提供するK2 Universityについて、興味をお持ちの方はこちらをご確認ください。

▶︎ K2 University

【関連記事】

SAPのおさえておきたい基礎知識

SAPフリーランスってどうなの?

Learning Hubって何?

「SAP Model Company」トレーニング開始のお知らせ