Topics


トピックス

ITエンジニア 転職 K2 jobroute トピックス 【転職】ヘッドハンティングとは?メリットと活用法を紹介

【転職】ヘッドハンティングとは?メリットと活用法を紹介

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングについてあまり聞いたことがない、詳しく分かっていないという方のために、まずどのようなものかということについて解説させていただきます。

端的にヘッドハンティングを表すなら、「社外からのスカウト」となります。優秀な活躍をしている人に対して、ヘッドハンターと呼ばれる人や、会社内部の人間が直々にオファーをかけにいくことをヘッドハンティングと呼びます。

以前はヘッドハンティングというと会社の幹部クラスの人材を引き抜くことと同義でしたが、近年は幹部クラスの人材だけでなく、会社が求めるスキルを持った人材であればヘッドハンティングの対象となるように変化してきています。

ヘッドハンティングが増加した背景

転職市場の活性化

ヘッドハンティングが増加傾向にある背景としては、まず転職市場が活性化しているということが挙げられます。これにより人材の動きが活発になったため、以前よりも多くの企業にとって優秀な人材を確保するチャンスが増えたと考えられます。

人材不足

転職市場自体は活性化しているものの、企業が本当に必要とされるスキルを有した人材が増えているわけではありません。そのため、社内の人材不足を補うためにヘッドハンティングを活用する企業が増えてきています。

ヘッドハンティングを活用するメリット

ここからは、実際にヘッドハンティングを活用することによるメリットについて解説していきます。

年収アップにつながる

ヘッドハンティングの場合は、会社側から求められて入社することとなるため、ほとんどの場合で年収アップに繋げることが可能です。どれほど増加するかはその後の会社との交渉次第になる部分もありますが、ある程度の増加は見込むことができると認識していただいて構いません。

重要なポストに就くことができる

ヘッドハンティングは、能力のある人材を引き抜くためのシステムであるため、基本的に好待遇が用意されています。転職後に大きな仕事、やりがいのある仕事を任せてもらえるということは大きなメリットであるといえます。

ヘッドハンティングを受けるための方法

人脈を活かす

自身の持つ人脈を活かし、ヘッドハンターと知り合うことは、ヘッドハンティングを受けるための有効な方法です。ヘッドハンターも、人脈を活用して優秀な人材を探しているため、そのヘッドハンターと知り合いになることでヘッドハンティングを受ける確率を高めることができます。もちろん相応の能力を有している必要があるため、日頃からスキルアップを怠らないことが重要です。

SNSを活用する

「LinkedIn」というビジネスSNSを活用することで、ヘッドハンティングを受ける事につながる可能性があります。プロフィール欄には、自分の職務経歴や活動実績、保有資格などを記載することができます。それらの項目がヘッドハンターもしくは他社の方の目に留まった場合、LinkedIn経由でヘッドハンティングが行われることがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ヘッドハンティングを受けると、ポジションの確約や給与アップなど様々なメリットを得ることができます。

この記事がヘッドハンティングへの理解を深める助けになれば幸いです。

 

【転職先や参画プロジェクトをお探しの方へ】

K2では全米上位100位にランキングされる世界レベルのソフトウェアベンダーや一流システムインテグレーターと密な連携をとり、最新のITテクノロジーに特化した豊富な案件をご紹介しています。フリーランス・個人事業主の方には業務委託案件を、正社員での転職をお考えの方には人材紹介をそれぞれ行なっていますのでリンク先を是非ご確認ください。

また、外資系企業や海外への転職に興味をお持ちの方に対しては、外資系企業を熟知したグローバル経験豊富な転職コンサルタントが「無料」でご相談・サポートを行なっています。あなたの実力が世界で通用するかどうか、興味をお持ちの方はこちらよりご連絡ください。

 

【人材をお探しの企業様、システムに関する課題をお持ちの企業様へ】

K2では約500社のクライアントを持ち、世界19拠点 50カ国以上の様々な国と業界の企業に対する支援を行なっています。

Salesforce・SAPを初めとする様々なシステムの導入・保守プロジェクトに対するサポートの他、プロジェクトニーズに対する顧客目線でのソリューション提案なども行っております。

ハイクラスIT人材をお探しの企業様(シニアエグゼキュティブ・コンサルタント・プロジェクトマネージャー・戦略コンサル・ITセールス等)、またシステムの導入・運用・保守等に課題を抱えている企業様はこちらよりご連絡ください。