Topics


トピックス

ITエンジニア 転職 K2 jobroute トピックス SAPのABAPとは?概要とABAP学習のメリットを紹介

SAPのABAPとは?概要とABAP学習のメリットを紹介

ABAPとは、SAPが開発したSAPで使用されるプログラミング言語です。近年SAPの需要の増加に伴い、市場価値が高まっているスキルともいえます。ABAPとはどのような場面で使用され、何を実現できるのでしょうか。

本記事ではABAPの概要とABAP学習のメリットについて解説していきます。ABAP学習を検討されている方にとって参考となる内容となっていますので、ぜひご覧ください。

ABAPとは

まず初めに、ABAP(Advanced Business Application Programming)の概要について解説します。

SAP独自のプログラミング言語

ABAPはSAP社が開発した、SAPで使われる独自のプログラミング言語です。PythonやJavaなどが様々なWebサイト・アプリに使われるのに対し、ABAPはSAPでのみ使用されます。オブジェクト指向・高級言語であり、他のプログラミング言語を知っていると、比較的学習の難易度は高くありません。
*高級言語:人間が理解しやすい命令や構文規則を備えたプログラミング言語

知名度は低いものの、書籍やオンライン講座等、学習できる環境はいくつかあります。SAPが普及しているのと同時に、今需要が高まっているスキルです。

カスタマイズで対応しきれない部分に対応できる

SAP導入の際には、クライアント企業に合わせて設定をする「カスタマイズ」という作業が必須です。通常、カスタマイズはSAPに搭載されている標準機能を使って対応します。しかし、クライアント企業特有の業務や要件などがある場合、標準機能では対応できない場合があります。

そこで導入されるのがABAPを使った「アドオン」です。アドオンを導入するには、SAPの標準機能・クライアント企業の業務・ABAP等を理解する必要があり、幅広い知識が求められます。

近年では、「Fit to Standard:できるだけ標準機能を使う・お客様の業務を標準機能に合わせていく」という考え方が浸透しつつあります。そのためアドオンをできるだけ少なくしていく流れがありますが、アドオンが0件というプロジェクトは稀でしょう。

ABAPのスキルを持っていればSAPプロジェクトではかなり重宝されます。

ABAPで実現できること

ABAPで実行できるものはいくつかありますが、主に以下の3つに集約されます。

レポート表示

伝票や売上データなど、様々な種類のデータを一覧で表示します。SAPの標準機能でもレポートは存在しますが、ABAPを使用すればクライアント企業の要望に合わせてレポートの作成が可能です。

バッチ処理

バッチ処理とは、100件や1000件などの処理を一括で行うことを指します。大量のデータを夜間バッチ処理で実行すれば、サーバーに負担をかけることなく処理を行えます。

Dynpro

Dynproとは「Dynamic Program」の略で、ユーザーとの対話を通じて動くプログラムを指します。SAPを使用するユーザーの入力内容に合わせて表示画面を変更するようなプログラムです。

ABAPを学習するメリット

ABAPを学習するメリットについて解説します。

市場価値の向上

SAPエンジニア・コンサルタントの中でも、ABAPに精通している人はそれほど多くありません。筆者が参画しているプロジェクトでも、ABAP開発は海外メンバーに委託しています。ABAPを学習することにより、市場価値・年収の向上が期待できるでしょう。

プロジェクトの参画条件にABAPの開発経験をあげているものも多く、参画可能なプロジェクトの幅も広がります。

SAPのプログラミング言語であることから、「SAP内でしか役に立たない・汎用性が無い」等の心配をする方もいるかもしれません。実はABAPを学習することで、他のJAVAやPythonなどのオブジェクト指向の言語の理解が深まり、習得もしやすくなります。

また、限られた場面でのスキルは、別の言い方をすると専門性が高いともいえます。ABAPは専門性と汎用性を兼ね備えたスキルで、SAPエンジニアとしてのキャリアを考えている方には学習メリットが多いです。

SAPの標準機能の理解が進む

ABAPの学習が進むにつれ、SAPの標準機能の理解も進んでいきます。SAPプロジェクトのメンバーとして、SAPの標準機能の理解は最重要項目とも言えるでしょう。

「アドオン」と聞くと、クライアント企業固有の要件に対応するため、SAPの標準機能と関係のない部分と思う方もいるかもしれません。そのため、汎用性が低いと思いABAP学習を避ける人も多くいます。

しかし、アドオンを導入するにはSAPの標準機能を理解する必要があるため、ABAPの学習を進めることでSAPの標準機能の理解が進みます。ABAPは汎用性の低いスキルではなく、汎用性と専門性を兼ね備えた希少なスキルです。

ABAPを学習して専門性と汎用性を身につけましょう

ABAPは希少なスキルであり、SAPプロジェクト要員としてのキャリアに大きく貢献します。ABAPの学習により、市場価値の向上とともに、プログラミング言語・SAP標準機能の理解も進みます。

SAP業界では専門性を発揮でき、エンジニアとしての汎用スキルを身につけるチャンスです。SAPエンジニア志望の方、SAPエンジニアでABAP未経験の方はこの機会に学習を開始してみてはいかがでしょうか。

 

弊社K2のUniversityチームでは、SAP社と提携した公式トレーニングを提供しています。SAPに関するより深い知識を獲得していきたいという方は、是非お気軽にお問い合わせください。

<<トレーニングについての詳細はこちら>>